timbre florido

大好きなhandmadeとワンコと日々の記録・・・
by yue47
Top
初縫い
2008年 01月 12日 |
今年の初縫い。
母のパンツの裾直しでした...。
ちなみに手縫いの初縫いは息子のジャージの裾上げ。
早く何か作りたいよ~と、うずうずしながらようやく作ったものは...。



b0096533_1922334.jpg

何でもないタグもないポーチ。(笑)
ちょっとでも期待してくれたみなさま、ごめんなさい。
実はこれ、旦那様に発注を受けたものです。
最近、旦那様が電子辞書を新調して、それを持ち運ぶ為の入れ物が欲しいというので、作りました。
注文は「できればファスナーが付いていて、なるべく厚い生地で。スポンジみたいな生地がいい」って、いくら在庫が山のようにあっても、そんな生地はありましぇん。
スポンジの間をくり抜いて、その間に入れとけば?なんて、思いましたが、ね。
とりあえず、在庫にあったネイビーのファスナーに合わせて、ブルー系の布を探す。
やっぱり表は麻デニムがしっかりしてるかな、と。
とにかく厚くなるように、厚手のキルト芯(以前スリッパを作った時に、底部分に使ったぐらい厚い芯)をはさんでみた。
大きさは電子辞書に合わせて、適当に裁断してみたけれど、この芯の厚みを考えるのを忘れてた。(汗)
ファスナーを付けたら、ぎりぎりの寸法になてしまいました。
もう少しゆとりがあった方がよかったかな、と思いつつ、あまり中でがさごそ動くよりはぴったりめの方がいいのではないか、なんて開き直ってそのまま続行。
でもなんとか入るものが出来たから、よしとしました。
b0096533_19363675.jpg

内布も厚手の布にしようと思って、スウェット生地を考えていたけれど、これ以上内側を厚くすると入らないので、目の前にあった綿麻ダンガリーを無難に付けました。
b0096533_1940096.jpg

男の人が持つものなので、シンプルでいいかな、とタグも付けていません。
気持ちちょっと飾りをと、サイドに麻テープを付けたのみです。
こんな簡単なもので熱く語るような事ではないのですが、一応初縫いなので、お許しを。
スポンジのようにふわふわして、ちょっと落としたぐらいでは大丈夫なのではないでしょうか。
「ありがとう」と早速カバンに入れてくれたので、気に入ってもらえたのかな?

 パターン : 自作
 布 : Rick Rack(麻デニム 色落ちストライプ)、CHECK&STRIPE(綿麻ダンガリー)

かなり古い電子辞書をずっと使っていた旦那様。
最近、「新しい電子辞書が欲しいな」と言うので、「いいよ」とお許しを出していました。
でも、どうも自分のものだけ買うのに気が引けたらしく、私が前から欲しいな~と言っていたポータブルDVDプレーヤーもいっしょに買ってくれました。
実は、これ、クリスマスプレゼントとして「買ってもいいよという権利」はもらっていたのですが、今すぐに必要というわけではなかったので、権利だけもらってもなかなか買えないよね。
こんなかたちでようやくクリスマスプレゼントがもらえました。(笑)
b0096533_200756.jpg

で、これ、どこで見るかといいますと...縫い縫い作業部屋。
週末の夜中に縫い縫いすることが多いのですが、作りたいのにすぐに眠くなっちゃうのよ。
CDを聞きながら作ってたりするのですが、それでもやっぱり眠くなる。
結構たまってたりするDVDも見る時間がないし、だったら作りながらDVDを見たいな~と贅沢なことを考えていたので、実現してうれしい。
早速、作りながら、DVDを見てみる。
なかなかいいよ~、眠くならなかったし、楽しい。(笑)
でも...母のパンツの裾直しと、旦那様のポーチを作るのに、DVD2枚、見てしまった...。
時間にして3時間ほど。
かかりすぎ?
だいたい何をするにものんびりな私が、こんなことしながら縫い物したら...ねえ。
でも、いいや、夜中に孤独じゃないし、楽しければ!
ちなみに夕食の支度をしながらも見てみた。
楽しくお料理できるけど...やっぱり時間がかかったかも...。

話は変わり、使っていたマウスパッドがかなりボロボロになってきたので、買い換えました。
いつもは、こういうのは旦那様に選ばせる私ですが、なんとなく「これがいい!」というのがあったので、今回は私が選びました。
b0096533_20134929.jpg

知らずに買ってきたのですが、家に帰って見てみると、「この商品はフィンランド マリメッコ社よりライセンスを受けて...」と書かれてありました。
どこかで聞いたことあるな。(笑)
やっぱりこういうのが好きなのね、私。
コンパクトで薄くて使いやすいです。

遅くなりましたが、冬休みの記録も。
冬休みはこれといって旅行にもいかなかったけれど、近場で子供達と遊びました。
b0096533_20184269.jpg

息子のリクエストで、子供達、アイススケート初体験。
初めは手を持ってないと滑れなかった息子ですが、やっぱり子供は上達が早いですね。
よたよたながらも、なんとか一人で滑っていました。
娘はずっと手を持っていないと滑れないのですが、楽しかったらしく、「もっと滑りたい!」と言っていました。
ずっと私が手を持っていたので、娘が滑っている画像は撮れず。
最初は私が両手を持ってかなり私に体重をかけて滑っていたのですが、最後には私と旦那様で片手ずつ軽く持って滑れるようになりました。
娘に長い時間体重をかけられていたので、次の日は足より腕が筋肉痛になったことはいうまでもありません。
私はスケートなんて小学生以来だから、えっと、何十年ぶり?...まあいいですが...。
家の実家の裏にはスケート場(夏はプール)があり、それはそれはしょっちゅう行っていたので、これでも結構滑れたのです。
久しぶりで緊張したけれど、体は覚えているものですね。
なんとか普通に滑れました。
今は実家の裏のスケート場は老朽化の為取り壊され、現在は市の図書館建設中。
それはそれで楽しみです。

あとは、近くの総合公園で、息子はキャッチボール、娘は自転車の練習をして遊びました。
ようやく自転車に乗る気になった娘。
当然、後輪付きです。
やっぱり子供達は体を動かす方がいきいきといい顔していますね。

そして、新学期、元気に学校、幼稚園へ通っています。
[PR]
by yue47 | 2008-01-12 20:45 | 雑貨 |