timbre florido

大好きなhandmadeとワンコと日々の記録・・・
by yue47
Top
旅から帰ってまいりました
2007年 03月 19日 |
3月11日は息子の8歳の誕生日。
3月16日は10回目の結婚記念日。
4月は娘の祝入園と私の誕生日(これおまけ)。

ということで、行ってきました。
b0096533_11553445.jpg

小学2年生はここまで皆勤の息子を休ませて行った先は...。






イギリス・フランス7泊9日の旅

とは言っても、誕生日や記念日だけの為にこんな大胆な旅行に行ける訳はなく、本当の目的は、旦那様の卒業式に出席する為。
旦那様、日本にいながら5年間、通信でロンドン大学の大学院生をしておりました。
かれこれ6年ほど前、大学院(通信)で勉強したいと言い出した旦那様。
通信といえども、大学となるとお金がかかるし、まだ息子も小さかったので、私としては大反対。
そしたら、外国の大学なら日本の3分の1ぐらいの学費で出来ると言い、入試に合格してしまったので、仕方なくOKをだしました。
「卒業できればロンドンに行けるよ」という言葉にもつられて。(笑)
かるい気持ちでOKしてしまったものの、それからが思ったよりもたいへん。
当然英語の教科書で勉強しなければならない旦那様はたいへんなのはもちろんのこと、勉強させてあげる時間を作ってあげなければならない私と子供達もたいへんでした。
単位をとる為に年に一回、秋に試験があります。
なので、お盆休みはずっとこもりきりで勉強するため、夏休みに旅行はできず、子供達も遊んでもらえず、そんな子供達を休み中みていないといけない私も毎年イライラする時期でした。
そのかわり、試験が終わってからは毎年プチ旅行に行っていたけどね。
それもこれもロンドンに行く為と夢見てがまんしてきました。(笑)
そしてようやく卒業が決まり、ようやくこの日を迎えたのです。
いつも旅行といっても、行き先だけ決めて、いきあたりばったりの旅行をする我家ですが、今回は旦那様の気合が違います。
卒業が決まったのは1月半ば。
それから、というもの、チケット手配や日程調整を毎日毎日やっておりました。
そのへん、なにかと詳しい旦那様にすべておまかせして、私はC&SのLabさんの日記や購買部ののりかのさんの日記を見て行きたい場所の妄想ばかりふくらませておりました。(笑)
でも、初めての子供連れでの海外旅行、そんなに妄想どおりには行かないことはわかっていましたが。
ツアー旅行ではないので、飛行機の手配から、ホテルの手配、その他観光するために日本でできる手配をすべてネットで予約してしまった旦那様には頭が下がります。
私は4人分の荷物の準備をしなければいけなかったのですが、結局、スーツケースに詰めだしたのは旅行の1週間前から。
しかも、仕事も旅行前日までやっていたので、旅行前は本当にドタバタで目の回るような忙しさとはこういうことなんだと感じておりました。

前置きが長くなりましたが、寝不足と準備でフラフラのまま出発。(笑)
飛行機でゆっくりしようと、子供達と旦那様は窓側の3列並び席で、私だけは通路をはさんだ席でゆっくりさせてもらいました。
名古屋からフランスまでの直行便で約12時間。
子供達が耐えれるのか心配でしたが、座席の画面で映画が見れるし、TVゲームもできるので、遊んでいるうちに着いちゃったという感じです。
もちろん、子供達の面倒を見ていた旦那様はへろへろでしたが。(笑)
私は、映画「武士の一分」と「シャーロットの贈り物」をみたり、Labさんが好物というゆずドリンクを飲んだりと、楽しみました。
ちょっと楽しみな機内食。
b0096533_1245512.jpg

娘用には子供用の機内食を用意してもらいました。
息子は大人と同じがいいというので、大人用です。
子供用はスパゲティー、大人用はハンバーグステーキでした。
味は、機内なので、こんなものでしょう...。

約12時間でパリに到着。
そして、観光のため、ここからまた1時間半飛行機にのって、イギリスのエディンバラへ行きます。
パリの空港で待っている間、こんなものをみつけて娘は遊んでおりました。
b0096533_12494317.jpg

外国に来たという実感のない娘は、外国人(ここでは私達が外国人だけど)を見てもぜんぜんへっちゃら。
向こうの子供達といっしょに遊んでいました。
しかも日本語で話しかけていました。(笑)

この後、再度飛行機に乗り込んだら、さすがに娘も疲れたのか、嫌だ嫌だと大騒ぎ。
機内で泣き疲れて少し寝たものの、後はずっと泣き叫んでいました。(汗)
そしてようやくエディンバラの空港に到着。
この日は空港近くのホテルがとってあるので、現地で聞くと、歩いていける距離だと言う。
ならばとスーツケースをごろごろさせて、歩いていくと、見えていても結構遠い。
しかも、どこかの駐車場の中に入ってしまい、柵から出られない。
悪いこともしていないのに、いきなり、柵をよじ登ってこえました。(笑)
ようやく、ホテルに着き、この日はもうなにもする気もなく、お風呂に入って就寝。
でも、娘、思いっきり日本時間で、現地時間夜中の1時2時頃から、「もう起きようよ」と騒いでおりました。
これは2日間続く。(笑)

こんな感じで、しばらく旅日記は続きます。
最後にトラブルもあったりでたいへんな旅行でしたが、ぼちぼち更新していくつもりですので、時間がある方はお付き合いくださいませ。
今日から山のような洗濯物があり、片付けがありとまたしばらくバタバタ生活が始まるので、みなさんのところになかなか遊びに行けないかもしれませんが、落ち着いたら遊びに行きますので待っててね~。
[PR]