timbre florido

大好きなhandmadeとワンコと日々の記録・・・
by yue47
Top
キャンプ、その後
2006年 08月 04日 |
↓のくじらちゃんラグランTのところで、息子がキャンプに参加するまでを書きましたが、昨日、息子がキャンプから帰ってきました。
今週はハンドメイドの時間がなかなかとれなくて、アップはありませんが、↓を読んでくれた方もみえるので、キャンプ参加報告をさせてもらいます。





昨年とは違い、今年は大好きなお友達と参加できることもあり、キャンプまでの日々をとても楽しみに待っていた息子。
出発前夜はわくわくしてなかなか寝付けない様子。
夜、一番遅くまで起きていた私のところに来て、なぜか昨年のつらかったキャンプ生活を話し始めました。
それまで一度も話さなかったことまで。
楽しみだけど、やっぱり不安もあるんだね。
遅かったので明日のために早く寝なさいと、ベッドにもどしました。夜12時。
当日は午後からの出発だけど、午前中からハイテンションでわくわく落ち着かない。
行きの集合場所まではパパ担当で、ちょっと早めに出かけて行きました。
昨年は不安で顔をひきつらせてバスに乗り込んだけど、今年はニコニコ笑顔でバスに乗って行ったそうです。

...そして昨日、3泊4日のキャンプを終えて帰ってくる息子を、解散場所まで迎えに行きました。
真っ黒に日焼けして、ちょっとたくましく見える息子を発見!
手には虫ケースを...持っていない!!
また今年も捕れなかったのかな?昨年の不安が過ぎりました。
でもあきらかに昨年とは違う息子の顔。
それは、今年の素晴らしいキャンプ体験にあったようです。

聞けば、いくつかのグループに分かれ、グループのリーダー(長)を決める時に、小2の息子がなんと手をあげて立候補して、長になったそう。
息子のグループは小2から小6までの11人のグループだったみたいだけど。
最年少の息子が長、昨年の自信からでしょうか?
昨年はつらかったキャンプだったけれど、それなりに大きくなっていたのね。
グループを担当してくれたスタッフのお姉さんは「小さくて大丈夫かな?って思ったけど、がんばってやったよ」って言ってくれました。
本当にがんばったんだね。
長ってなにやったの?って聞いたら、大声でみんなを呼んだり、人数を数えたり、キャンプファイヤーの役員をやったり、皿洗いもみんなの分を洗うんだよ、1時間かかちゃった!だって。
...雑用ですか?いえいえ、立派なリーダーですね。
何度も大声を張り上げたのか、声はつぶれてハスキーになっていました。

虫は捕れなかった?って聞いたら、クワガタやかえる、かに、ナナフシもいたしヒグラシも捕まえたと、いきいきして話してくれました。
その証拠に、持って行った虫ケースは土まみれ。
だけど、このキャンプは、虫は持ち帰らない、自然のままでというものだったらしく、みんな逃がして来たそうです。
それでも、とても満足そうでした。
自然のままって素敵なキャンプだなって思いました。
虫博士を目指している息子、あまり聞かないような虫や生き物の名前がポンポンでるのです。
スタッフのお姉さんもびっくりしていました。

その他、川でおぼれたり(おいおい)、ナイトキャンプでほたるを見たり、バーベキューを食べたり...といっぱい話してくれました。
帰る時になって、みんなやスタッフのお姉さんとのお別れがつらくて泣いちゃったんだって。
解散場所でちゃっかりお世話になったお姉さんの住所を書いてもらい、また来年会おうね!と言って帰ってきました。
ひとまわり大きくなって、元気もパワーアップして、いっぱい素敵な体験をしてきたね。
また来年、行くって言うのかな?

「キャンプ中はママのこと忘れていたでしょ?」と聞くと「うん、でも帰るとき思い出したよ」だって。
ママはちょっと寂しい...。
昨年キャンプに参加すると決めてから、自分の部屋で一人で寝るようになった息子。
「今日はパパとママのところで寝てもいい?」
寂しいの、ちょっとはがまんしてたんだね。
[PR]