timbre florido

大好きなhandmadeとワンコと日々の記録・・・
by yue47
Top
卒業旅行
2011年 04月 17日 |
話は前後しますが…。
春休み、息子の卒業旅行へ行ってきました。
こんな時だから、ぎりぎりまで行くかやめるか悩みに悩んだけれど、春に旅行へ行く為に冬休みはどこにも行かなかったし、中学生になったらなかなか家族みんなで旅行へ行けないと聞くし。
それに、この旅行は息子が行き先を決めて計画した旅行。
我家にとっても卒業旅行という記念の旅行だったので、行くことに決めました。




行き先は和歌山県にある本州最南端のまち串本。
野球(ソフトボール)少年だった息子が甲子園への道をきっぱりあきらめ、その後どっぷりはまってしまったのが「釣り」。
あこがれの釣り場である串本へ行きたい!と。
調べてみると、車で行くとかなり遠い。
しかも、息子と旦那様が釣りをしている間、我家の女子チームはどうしていればいいのか?っていろいろ問題はあったけれど、なんとかなるか、と決定。

旅行初日、3時間ほど車を走らせて、和歌山到着。
串本へ行く前に、「和歌山マリーナシティ」といういろんな施設が集まっている場所でしばし遊んで行くことに。
その中の「ポルトヨーロッパ」へ行きました。
b0096533_1424074.jpg

ヨーロッパの町並みを再現したテーマパーク。
まずは乗り物で楽しむ子供たち。
b0096533_1453131.jpg

中学生になる息子、まだまだこんな乗り物が好き。(笑)
ジェットコースター系は怖くて乗れないの。
でも、この後、勇気を出して、TDKでいうスプラッシュマウンテンみたいな水の中へ落ちるやつに乗ったけどね。

町並みもきれいだったよ。
b0096533_1483528.jpg

横向いちゃってるけど、右端にいる黒い末娘のベルも一緒です。

テラス席ワンコOKなイタリアンレストランで昼食を済ませ、いざ、串本へGO。
でも、同じ和歌山県内といえど、串本はここから約4時間。(汗)
この時、花粉症ピークだった私はとても運転ができず、旦那様にがんばってもらいました。

串本へ到着したのは夕方の6時頃。
釣りを楽しみに来た息子は早速ちょっとだけ釣りへ出かけていきました。
元気だな~。

串本でのお泊りは国民宿舎だけど、ワンコOKの宿。
シンプルなお部屋だけど、畳でくつろげました。
海の近くだから、もちろん料理も新鮮な海の幸をおいしくいただきました。


次の日の朝。
b0096533_211341.jpg

部屋からの眺めもきれいな快晴で釣り日和。
朝からあこがれの地で釣り糸を垂らす。
b0096533_232746.jpg

ついでに娘も…
b0096533_244057.jpg

ちょっと釣竿を持ってみただけだけど。

ここで、釣りをしていたら、なぜかおまわりさんが近付いて来て…。
釣りをしてはいけない場所だった??なんてドキドキしていたら、「どこから来たの?」「また遠くから来たんだね」「最近は遠くから来る人が多くてね~」なんて近くの駐在所のおまわりさんが世間話をしにやって来ただけでした。(笑)
平和なんだね。
ここで釣れた魚。
b0096533_2145864.jpg

名前わからず…。

午前中は釣りを楽しみ、午後からは観光へ。
移動中の道路で交通事故現場に遭遇。
さっきのおまわりさん、ちゃんとお仕事しておりました。
そして到着したのは「串本海中公園」。
水族館や海中展望台があるところです。
ガイドさんが水族館の裏側を案内してくれるバックステージツアーもある、というので、参加してみました。
b0096533_2214387.jpg

水族館の裏側に入っていき、こんな風にヒトデやウミガメに触らせてくれます。
子供たちは「楽しかった~」って言ってました。

そして、海中展望台に移動すると、海の中で本当に泳いでいる魚を間近で見ることが出来ます。
b0096533_225291.jpg

海がきれい!
水温も高いらしく、きれいな熱帯魚なんかも泳いでいます。
半潜水型海中観光船にも乗ったので、たくさんのきれいな魚を見ることが出来ました。

この後、宿へと戻り、再び息子と旦那様は釣りへ。
大きな「キス」を釣ってきて、宿の人に息子がお願いに行って、料理してもらいました。
夕食に一緒に出されたキスの天ぷら。
b0096533_2281025.jpg

左の白いのね。
ぷりっぷりでおいしかったですよ。


そして3日目の最終日。
また長い道のりを帰らないといけないので、朝から出発。
帰りに寄った所。
b0096533_2335128.jpg

本州最南端の灯台「潮岬灯台」。
ここからの景色もきれいでした。
この後、再び初日に行った和歌山マリーナシティへ。
ここには海釣り公園もあるので、旅行最後の釣り。(笑)
あまり釣れなかったけれど、これだけ釣り三昧の日々に、息子も満足気でした。
女子チームはというと、施設内の市場へ行ったり、おいしいもの食べたりとくつろぎタイムでした。

そして満足行くまで釣りを楽しみ、帰路につきました。
悩んだけれど、行ってよかった。
子供たちも楽しい思い出ができたからね。

先日、ワイドショーで言っていたけれど、旅行キャンセル、特に海外からのキャンセルが相次ぎ、日本の経済にも影響が出ていると。
余裕のある人はこれからのGW、夏休みと旅行なり行って、経済をまわしてください、と。
沈んでばかりいてはダメだね。
みんなで前へ進んでいかないと、だね。
大いに遊べっていう事ではないけれど、普通に生活していく事、これが前へ進む事かな、って思う。
[PR]